いつも心に太陽を

みんな幸せになってくれればそれでいい

素敵な思い出は素敵なままで

大好きだったな〜と最近思う。
過去形になってしまったな〜と寂しく感じる。
あんなに前向きに応援するーって言っていたのに、結局この数ヶ月間メソメソしていただけかもしれない。


いやでも俳優になるべく新しい道に進んだことをどうこう言うつもりは全くなくて、アイドルだった拡輝くんを応援していたように俳優となったヒロキくんも応援していきたいと思うのは事実。


まだ百名ヒロキくんのお芝居を生で見ていないから、そこに関しては何とも言わない。言えない。


ただ私が言いたいのは、人間味感じちゃってしんどいってこと。






仲田拡輝くんを応援していたから百名ヒロキくんを応援したいと思っている。
拡輝くんありきのヒロキくん。


拡輝くんは拡輝くんとして輝かしい思い出にしたい私にとって、正直、ヒロキくんが始めたSNSはあってほしくないものだった。



ツイッターが悪いことではないし、あの事務所の縛りがなくなった今、周りの人がヒロキくんをツイッターとかインスタに登場させることも間違ったことではない。

むしろ、元気な姿を見れて万歳!くらいのものなのかもしれない。


けれど、ステージや舞台の上でキラキラしている姿を見られればそれでよかった私には必要のない情報がたくさん。


酔うとこんな顔するのか
舞台裏ではこんな感じなのか
女の子のこと名前で呼んだりするんだ
初回クーポン使って美容院行ってないの?

とまあガッカリまではいかないけど、どこかモヤモヤしてしまう。



モヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤモヤしちゃう。



このままではヒロキくんのこと好きじゃなくなる日が来そうで、それが私にはとてつもなく恐ろしいことで。



宇宙一かっこよくて、時々お茶目でかわいくて、お芝居が大好きで、ちょっと闇抱えてて、笑顔が素敵で…ってそんなひろきくんでいてほしいから。






このままではまとまらないからもう〆るけど、

ブログとチケットクラブ以外でヒロキくん情報が入らないようにする!!よ!!!




楽しかった!ありがとう仲田くん!さよなら仲田くん!

結局はみんな幸せになってねっていうだけの話

仲田拡輝くんがジャニーズ事務所を退所したことがわかってから1ヶ月が経った。

この1ヶ月様々な感情が湧いてきて、それでも最終的にやっぱり前向きに応援しようって思ってきた。





私はかなり前向きな方だ。

仲田くんが自分で決めた道を歩むなら、全力でそれを応援する。

俳優として、また舞台に立つ日をとても楽しみにしている。







アイドルの仲田くんがもう見られないのは寂しい。

でももう、辞めてしまったんだから、私が戻ってきて!と叫んだところで戻ってはこない。



自分でも驚くほどの切り替えの早さだ。







少数派だと思っている。

まだ、仲田くんがジャニーズではなくなったことを悲しんでいる人は多くいる。

それは仲田担に限らない。



悲しむ気持ちはよくわかる。

私だってまったく悲しくないわけではない。




だけど、




いくら悲しくとも、




仲田くんを悪者のように扱うのは理解できない。




仲田くんがグループを捨てただとか、裏切っただとか


そんな言い方してほしくない。










私は、グループは時に個人を潰す、と思っている。






グループにはグループの良さがあるし、それを今までたくさん見てきた。



けど、例えば個人とグループの目指すところが違うとしたら。



グループに合わせて自分の意思を押し殺さなければならないのだろうか。



そんなのおかしいと思う私は。



それが今回の、仲田くんの退所ではないだろうか。




仲田くんは役者になりたい。(たぶん。まだ本人の口からそれがはっきり言われたわけではないから、たぶん)



でも、仲田くんのいたグループは、Travis Japanは、お芝居を強みとするグループではない。





仲田くんが役者になりたいのであれば、いつまでもそこに居続けるべきではないと思っていた。





だからいつかこういう日がくると思ってたし、実際にきた。





「なんで?」って言う人がたくさんいるなかで、私は「そうか」って納得した。



タイミング的には多少びっくりもしたけど。





仲田くんついに自分の夢に向かって走り出したんだって。





すごいことだと思った。




10年近くやってきたことを辞めて、新しい道に進むのって、そんな簡単なことではない。










それなのに、






夢のために仲間を捨てただなんて言ってほしくない。






私は、仲田くんがいたからTravis Japanが好きだったタイプで、仲田くんのモンペだし、仲田くんが絶対みたいなところがあるから余計にそう思うのかもしれないけど。




悔しい。




仲田くんが前を向いていこうとしているのに、背後から突き刺すようなこと言われてるのを見ると悔しくなる。





そういうはっきりした言い方をするのはほんの一部の人だけど。


















私はトラジャ担が大好きだ。


ひたすら自担たちを愛でる、そんなトラジャ担が。






でも、少し怖いとも思っていた。




グループ至上主義が多くいるトラジャ担のなかで、私みたいな自担がいるからみたいなタイプは、なんだか肩身が狭いように思えて、グループにこだわらないと言おうもんなら静かに抹殺されるような気さえして。





だから仲田くんが辞めた時に、「夢に向かって走り出したんだね!すごいね!がんばってね!」って前向きな発言をするのが怖かった。したけど。






トラジャのことは好きだった。

ダンスが揃ってて、個性の塊で、うるさいけどみんな楽しそうで…。




でも、何を目指してるのかわからなかった。




それは私だけかもしれないけど。



オリ曲をもらうことが最終目標?


先輩のバックでたくさん踊ること?


Jr.のトップになること?


デビューをすること?





私は、Jr.のゴールってデビューだと思ってるから、そういう明確な目標掲げてないと強く応援できないんだって最近気づいた。




トラジャの口からデビューしたいって聞いたことない気がする。




デビューが全てではないとしても、何かしら明確なものが聞きたかった。














そんな状況だったから余計に、仲田くんを前向きに応援できるのかもしれない。







最初は驚いたタイミングも、今思えばよかったのでは、なんて。





残ったメンバーも、自分の目指すところを明確にして、


グループ大切にするのもいいけど、素晴らしいことだけど、


自分を潰さないようにしてほしい。



事務所の飼い犬にはならないでほしい。




本当にやりたいことやってほしい。












これはあくまでも私個人の考え方であって、


グループ至上主義がよくないと言っているわけでもないし、


自分の考え方が絶対とも思ってはいない。




ただ、ツイッターで言いづらかったことをここで吐き出したかっただけ。










みんなが幸せになりますように。



それだけ。





おしまい

ありがとうの想いを伝えたいよ


自担がジャニーズ事務所を退所した。


たぶん、全ジャニーズJr.担が最も恐れていること。

今までに多くの人が経験したこと。

自分も経験することになった。






いつかこういう日が来ると思っていた。


でも、まだまだ先だと思っていた。


この間終わった舞台でたくさんの人に見つかって、
グループとしてもさらに強くなって、
次の現場も発表されていて………って。


これからさらにがんばろー!っていう時期だと
勝手に思っていた。





でも、そのタイミングで、自担は退所した。




とても勇気のいることだったと思う。




自分のこれからのこととか、グループのこととか、
たくさん考えて、たくさん悩んで決めたことだと思う。




憶測だけど。



私は彼の家族でもなければ親しい友人でもないから、
彼に辞めた理由を聞くことも、
何を考えていたのか知ることもできない。


だから全部憶測で話すけど、
きっと彼はなんとなくで辞めたりしない。





だから、彼が前を向いて決めたことは、
悲観せず、がんばれって強く応援したい。


専属の応援屋になってエールを送りたい。






もう仲間たちと一緒に踊ったりふざけたりするところを
見ることはできない。



そう思うと寂しくて涙が出そうになる。




でも、またどこかで彼が輝く姿を見られることを祈りながら、
できれば笑顔で「ありがとう お疲れ様でした」と言ってあげたい。






私が彼を好きになって4年。
自担と呼ぶようになってからはさらに短い。



たった4年。



それでも、



彼のことを見ている時


彼の話をしている時


彼のことを考えている時



いつも楽しかった。幸せだった。




ダンスが大好き。

声が大好き。

笑顔が大好き。

キメ顔も大好き。

真剣な顔も大好き。

ふざけちゃうところが大好き。

庶民派なところが大好き。

闇抱えているところが大好き。

少し謎めいているところが大好き。

全てが大好き。



宇宙一かっこいい!といつでも思わせてくれた。


見る度に大好きだと思わせてくれた。


他担からもかっこいいと言われて誇らしかった。


たくさんの素敵な人に出会わせてくれた。


最強で最高の、自慢の自担。




たくさんの幸せをくれた分、これからの彼の幸せを祈りたい。




どうか健康に、幸せに暮らしてください。





ないと思うけど、万が一、
彼がこのブログに辿り着くことがあったら、
自分には人を幸せにする力があることを知ってほしい。


その力で、これからもたくさんの人を
幸せな気持ちにしてほしい。




仲田拡輝くん、

約9年間お疲れ様でした。

たくさんの幸せをありがとうございました。


舞台に立ち続けるのかはわからないけれど、
そうであってほしいという願いも込めて、
これからもファンでいさせてください。


仲田くんに出会えて本当に、本当によかったです。


おしまい

なかだひろき

私が仲田拡輝くんの存在を知ったのは2012年の秋頃のこと。

当時私は浪人中で、勉強の合間に息抜き(という名の現実逃避)としてジャニーズの動画やらなんやらを漁っていました。


仲田くんのことはキャラクターから知りました。
ざっくり言うとうぇーい系。明るいおちゃらけキャラとでもいうのでしょうか。



おおよそそういう人を好きになる傾向のある私にとっては気になる人でした。


気になったものは追え精神で動画などを漁りました。
ひたすら漁りました。(※受験生)



追っていくなかでその当時仲田くんが学業を理由にジャニーズをお休みしていることを知りました。



おいおいまじかよ冗談はよせ
なんというタイミングで知ってしまったのだと後悔しました。
退所したかもしれないと思っていたから。




しかし、そんな私の後悔を見事に打ち破った少クラクリスマスSP。




仲田拡輝いるじゃーーーーーん!!!





放送で仲田くんを見た時、すごく嬉しかったです。


仲田担のみなさんは比べ物にならないくらい嬉しかったはずです。
想像しただけで涙が出そうです。(?)



浪人生だったため、すぐに沼へどっぼーーーんとはなりませんでしたが、
無事大学生になることのできた2013年のPLAYZONEで楽しそうに踊る仲田くんを見て、沼へ引きづりこまれました。


パラダイス銀河
♪ようこそここへ 遊ぼうよパラダイス
が実は、
♪ようこそ沼へ ハマろうよパラダイス
なのかと思ってしまうほどです。






そして同年のANOTHERで転げ落ちるように加速して沼に沈みました。底なし仲田沼。




もう拡輝熱はどんどん上がっていきます。


これをヒートナカダ現象と呼んでいました。嘘ですけど。






仲田空白期(元担に大いに沸いた2014年)を経て、
2015年9月に仲田担になりました。

(空白と言っても現場にいっていないだけで、お写真とかはしっかり買っていた。)




仲田担になることを決めたきっかけは、
舞台『ドリアン・グレイの肖像』で仲田くんのお芝居を観たことです。

舞台が大好きで舞台に出たいと事務所にアピールし続けていたというエピソード付きで観た仲田くんのお芝居。







すごかったです。(引くほどの語彙力不足)





カーテンコールで会場から大きな拍手をもらう仲田くんを見て涙が出ました。
あの時の仲田くんの顔は今でも鮮明に覚えています。
とてもキラキラしていました。ダイヤモンドより輝いていました。





雑誌等での発言や実際のお芝居から、
舞台に立つことが本当に好きなんだと感じ、
同時に、そんな仲田くんを応援していきたいと思いました。



仲田くんのお芝居を見ることは私のなかで特別なことです。



だから、舞台『アンダースタディ』への出演を知った時、跳び上がるほど喜びました。また仲田くんのお芝居が観られると。


博品館劇場の舞台に立つ仲田くんもまたキラキラと輝いていて、内容と相俟って涙が出ました。





もちろん、踊ったり歌ったりする仲田くんも大好きです。



マッチさん、嵐、カウコン、滝翼、サマステ、えび座…

表情豊かな仲田くんを一瞬でも逃すまいと双眼鏡を手放せませんでした。
(クリエに行けなかったことをお察しのことでしょう。)



仲田拡輝という人を、知れば知るほど好きが加速します。



アイドルに対する好きなのだけど、
でも恋の好きとも似たような感じ。



その間くらいの好きが仲田くんに対する感情です。
誰かこの感情に名前をつけてください。




仲田くんの周りにはいつも笑顔が溢れています。
それはJr.たちに限らず、オタクでも。
仲田担でない人も仲田くんを見て笑顔になります。
ボケ、芸の細さ、表情の豊かさ等、見ていて本当に飽きません。




明るいおちゃらけとして知られている仲田くんだけど、
時折見せる闇が私はたまらなく好きです。
ドリンクバーのおかわりに行けないことを悩みとする仲田くんとか。
好きなタイプは足の速い子と長年言い続けている仲田くんにも闇を感じます。
急な誘いにはのらない仲田くんはただの出不精なのかそれとも…。
明るいおちゃらけキャラが作られたもの、虚像なのではないかと疑ってしまうほどに闇を感じることが時々あります。

は〜〜仲田くんって奥が深い。






かつては、例えば美勇人くんやしめちゃんと一緒にいても、「美勇人としめとあともう一人と遭遇した」と"もう一人の誰か"としてしか認識されることがなかった仲田くん。
それが今では「拡輝としめちゃんと宮近と遭遇した」と、ちゃんと"仲田拡輝"として認識されることの方が多くなりました。
(つい最近また"もう一人"って言われた疑惑あるみたいですが。)



Travis Japanとしての活動や外部舞台出演などでの仲田くんの頑張りが着実に成果として現れているのではないかなぁと思います。


私なんかが偉そうに言うのもなんだけど、でも、仲田くんの魅力に気づく人がどんどん増えていることは本当に嬉しいことです。
(いまだにこうきくんとか言われるけど。)


時代が仲田くんに追いついてきたんですね。(真顔)




仲田くんに出会ってから本当に楽しいオタクライフを送っています。

仲田くんのおかげで元気に生きています。





仲田くんを通してたくさんの人(オタク)と出会いました。みんな本当にいい人で素敵な人で。


特に同士である仲田担が大好きです。
会えばただひたすらに仲田くんを褒めちぎり、呼吸をするかのように「(好きすぎて)しんどい」と言い、顔が宇宙一かっこいいとひた叫ぶ。そんな仲田担が私は仲田くんと同じくらい好きです。
仲田担なのか仲田担担なのかわかりません。


素敵な人たちに出会わせてくれた仲田くん。
いつも笑顔と元気をくれる仲田くん。
踊るとかっこいい仲田くん。
笑うとかわいい仲田くん。

これからも、仲田くんを応援し、全世界に向けて仲田くんステマをしていきたいと思います。
さあみんなで仲田沼にハマろう。




兎にも角にも、仲田拡輝くん、お誕生日おめでとう。
私が仲田くんを見てきた時間は、仲田くんのジャニーズ歴の半分にもならないけれど、この先も、仲田くんは宇宙一と叫び続けるオタクでありたいと思います。
体が弱い仲田くん。体には気を付けて突っ走ってください。いや、チキンと羽ばたいてください。
23歳の1年がよりよい年となりますように。


おしまい

Hiroki Nakada 2017 Live Tour(仮)~ツアー開始編~

ツアー決定発表編→hrpn-5.hatenablog.jp


自担にあの曲歌ってほしいな~踊ってほしいな~と思うことってよくありますよね。
それを寄せ集めておまけを足すと自分得な自担ソロコンが出来上がります。
今回はそれを文字起こししてみました。




________________________________________



Hiroki Nakada 2017 Live Tour
(まだ2016年だけど。)




ツアータイトルは何でしょうね~。
『仲田拡輝の日本縦断~全国のみなさんハイサイ!~』とか
『Welcome to HIROKINGDOM』ですかね。(恐ろしいほどのセンスのなさ)






ライブの内容も気になりますが、グッズも忘れてはいけません。
グッズラインナップはこちら。

・パンフレット¥2,000
・ポスター¥800
・ジャンボうちわ¥600
・クリアファイル¥600
・オリジナルフォトセット(A・B/全2種)各¥800
・ショッピングバッグ¥1,500
・シーサー型ペンライト¥1,800
・シーサーモチーフ付き耳かき¥1,000
・かりゆし¥2,200
・パーカー¥4,000
・オリジナルにんじんしりしり器¥1,500

ツアーの途中からステフォも出ます。

ペンライトはシーサー型です。ゴーヤを持ったシーサー。
ゴーヤ型にしようかシーサー型にしようか迷った結果、シーサーにゴーヤを持たせました。
赤・水色・黄・緑・ピンク・白に光ります。結構不気味。

パーカーのフードはシーサー耳付きです。

全体的に沖縄感があります。
だけど沖縄以外の会場周辺とか普段持ちやすいように主張が強くならないようにした
ってグッズのデザインしてくれた美勇人くんが言ってました。

(かりゆしとオリジナルにんじんしりしり器はTwitterのフォロワーさんのアイデアを拝借しました。謝謝。)


ジャンボうちわはにっこにこ笑顔の仲田くん。
クリアファイルは微笑む仲田くん。
ポスターはかっこよくキメている仲田くんなので迂闊に開くと爆死します。
パンフレットはほぼ写真集みたいなものです。
かっこいい仲田くんからかわいい仲田くんまで様々。


は~~~~~~グッズだけで仲田拡輝の過剰摂取。しんどい。







気を取り直して会場に入りましょう。

ヒロキングダムへの入国です。



セットは一見沖縄感はあまりありません。
でも目を凝らすと所々にシーサーやゴーヤが散りばめられています。
仲田くんの沖縄愛を感じます。



会場内には沖縄民謡が流れています。
仲田くんの沖縄愛を感じます。






段々とヒロキコールが聞こえてきました。

ヒーローキ!ヒーローキ!ヒーローキ!






開始時間になり照明が落ちると、三線の音が。

♪~

スクリーンには海辺(沖縄)の映像が流れます。



海に向かっている男性の後ろ姿。

そうです。三線を弾く仲田くんです。
もうかっこよさ溢れ出ちゃってる。
でもよーく聴くと弾いているのはperfect human。



振り返ってドヤ顔の仲田くん。



そこから沖縄の名所と共に楽しそうな仲田くんの映像が音楽(三線)に合わせて流れます。
仲田くんの沖縄愛(以下略)。



だんだんと激しくなる音楽(三線)。



最後に仲田くんのアップ。

「Start!」(ウィスパーボイス)(ウインク)




いよいよ仲田くんの登場です。


ステージ中央から白っぽい光を浴びて登場です。
少クラでよく見ますよね?あれです。(急に雑)



衣装は、滝翼コンのTJコーナーで着てたやつ。



自分だけに向けられた会場の歓声に若干照れくさそうな仲田くん。か、かわいい…。




かわいいのも一瞬のことで、次の瞬間には真剣な顔になります。
かっこいい!!!!ずるい!!!!



会場が静かになると流れ出すイントロ。


1曲目は、Face Down(嵐)。
1人で踊るフェイダンが全く想像できないけど、
仲田くんならかっこいいに決まっている。(まがお)


Time(Hey!Say!JUMP)
Crazy Accel(A.B.C-Z)と続きます。
踊ります。かっこよく踊ります。


次は、砂のグラス(A.B.C-Z)。
3曲がっつり踊ったからしっとりと。踊るけど。



楽しい曲いきましょう。

いつの間にか衣装のジャケット(?)がピンクのシャツに変わっています。


YOLO moment(中山優馬)





ここでごあいさつ?煽り?が入ります。



仲田「○○のみんなー!ハイサーイ!」

\ハイサーイ!/

仲田「盛り上がれるかっ!」

\うぇーい!/

仲田「楽しめるかっ!」

\うぇーい!/

仲田「最後までよろしくぅ!」

\うぇーーい!/



仲田担声出せるかな???
興奮はしてるけどおしとやかに見ている気がします。
なんてったって舞台班担当。






優しくって少しバカ(相葉雅紀)


ダッフルコート着てフードかぶってほしいけど暑いよね多分。(春~夏設定)


僕の台所事情と恋愛事情(TOKIO)


♪ちょっと待ってそこテレビで昨日やってたとこじゃない
のところとか身振り手振り付けてきそう。表情も合わせてきそう。





終わると着替えるために一旦捌けます。
スクリーンに映像が流れます。


海人「仲田くんのファンの皆さん楽しんでますか〜?」
宮近「盛り上がってますか〜?」
海人「いや〜仲田くんすごいね〜ソロツアーだって!全国回ってるんだって!」
宮近「ね!すごいよね!」
海人「各地の美味しいもの食べたりするのかな〜いいな〜」
宮近「そっち?」
海人「んふふふふ」
~中略~
宮近「それでは!」
2人「最後までお楽しみください!」



再び仲田くんが登場。


かわいい衣装がいいですね。(かわいい衣装とは。)


明るめの曲が続きます。



Power of the Paradise(嵐)
Cha-Cha-Cha チャンピオン(Sexy Zoen)
ハッピーデイズ
かつて踊ったことのある曲たちです。
(嵐のはアリーナツアーで)


嵐の時は旗振りしたけど今回はしません。公開処刑みたいなものなので。


♪チャチャチャチャンピオーーーーン でサマステ懐古しますね。

1人で踊るハッピーデイズ想像しにくいけどかわいいに決まっている、うん。






ちょっと落ち着いて、
アイオライト(中山優馬)
さくらガール(NEWS)
Believe Your Smile(V6)
を歌います。
かっこいい→明るい ときたので、
仲田くんの優しい部分を出していただきましょう。
すっごく優しい表情で歌うもんだから会場の人全員仲田くんに恋をしますねきっと。
さくらガールのコーラスに兄組が参加しています。レコーディングの様子がスクリーンに流れます。





優しさを出した後は、
自称かわいいキャラの仲田くんがかわいい部分を出します。

Hey you!(Sexy Zone)
King & Queen & Joker(Sexy Zone)
愛ing(Hey! Say! JUMP)

ちょっとぶりっ子気味に踊ります。
Hey you!をキレッキレに踊る仲田くん想像して笑ってしまいました。ごめんね仲田くん。






かわいいコーナー(?)が終わると再びVTR。

















「ヒロキナカダ3分クッキング」




♪てれれってててて てれれってててて (キューピーのテーマ曲)(仲田くんが自分で歌ってる)



仲田くんが3分でゴーヤチャンプル作ります。
(アシスタント:七五三掛龍也)




オタクからしたらただのはいはいひろしめ動画。(合掌)




最後に「召し上がれ(はーと)」と言って次の曲が始まります。



白シャツとデニムに青いエプロン姿の仲田くん。(両手にゴーヤ)



チャンプル~沖縄に伝わりしエメラルド~


そうです。ホルモン~関西に伝わりしダイアモンド~(ジャニーズWEST)の替え歌です。
歌詞はご想像にお任せします。
大きい声では言えませんが、好きやねん、大阪。(関ジャニ∞)の替え歌、好きさぁ〜、沖縄。と迷ったらしいですよ。(私が)



ここでゲストが登場します。
ゲストは会場によって違います。

最初の沖縄公演は、顔が濃くて沖縄っぽいからという理由で宮近です。
海人は手羽先が食べたいから名古屋にしてもらったそうな。
じゃあ俺は明太子食べたい!と対抗した朝日は福岡。
しめちゃんは海が好きだから沖縄凱旋公演。まあほぼ見学に来てるけど。
美勇人くんは多忙だから東京公演の前半。などなど。



ゴーヤチャンプルを食べながら出てきます。
ゲスト「うめ~~~~~」
仲田くん。「(ドヤッ)」


サビから一緒に歌います。







続いてはMCです。ゲストと一緒に話します。



仲田「林くんが全公演見に行くねって言ってた」
(仲田担心の声:さすがやな。)


仲田「のえるが長文の激励メールくれた」
(仲田担心の声:のえひろ…!)


仲田「クリアファイル買いました?オフィスで使うの?恥ずかしくない?」
(仲田担心の声:違うんだって…そうじゃないんだって…。)


美勇人(ゲスト)「オレ、バンドとして出してって言ったら断られた」
仲田「だってみんな美勇人がいたらそっち見るでしょ?」
(仲田担心の声:そんなことないよーーーー!!!!)


とかまあ頑張って色んな話してくれます。



あとは、ライブの裏話。
仲田「あの曲は閑也の振り付けなの」

仲田「俺も振り付けした!」


見学に来た人の話。
仲田「一緒にお寿司食べに行ったことのある長妻くんが来てます」

仲田「あらーーーん(お手振り)」

とかね。






後半はアクセントダンスから始まります。

MC中に着替えるために1回捌けてるから衣装変わってます。(繋ぎで喋らなければならないゲストに不安しかない)


滝翼コンのペンデュラムラブとか愛想曲で着ていたスーツ衣装。ハットはなしで。


欲望のレイン(KinKi Kids)

数十分前まで両手にゴーヤ持って歌ってた人とは思えないかっこよさ。



マスカレード(嵐)

本家みたいにスタンドマイク使います。


「じゃなくて」(相葉雅紀)

ジャケット脱ぎます。ベスト着てる。

マネキン出てきて、それを相手に歌ってるんだけど、不慣れな感じが出ちゃう。かわいい。(甘い)




はじまりのメロディ(Hey! Say! JUMP)
山手線内回り ~愛の迷路~(タッキー&翼)
で外周(客席降り)。ファンサタイムです。


山手線内回りのイントロや間奏のセリフ部分は諸星が担当しています。


仲田くんファンサ丁寧だから曲が終わる前にステージに戻って来られない。
狭い会場でも間に合わない。
ハイタッチしたりピースしたりバンバンってしたりゴメンネダンス踊ったり見学席の林くんに指差ししたりTJポーズしたり大忙しです。




最後、やばいやばいって言いながらダッシュでステージに戻る仲田くん。
また間に合ってないよ!でもそんなところもかわいい!
って仲田担は言うんだきっと。少なくとも私は言う。(激甘)





ステージに戻ったらすっと真剣な顔でスタンバイ


TAKE ME HIGHER(V6)

さっきまでのうぇいうぇい明るい表情は何処へやら。
かっこよくキメています。くぅ~~~~~。


最後もかっこよく決めポーズ!ふぅ~~~~~。




がむしゃら行進曲(関ジャニ∞)


イントロの、デレレレレン♪はい! デレレレレン♪はい!
のはい!に合わせて変顔(本人自覚なし)をする仲田くん。


サビの振りをガムシャラに踊ります。


間奏では「今日は本当にありがとうございます!」と
挨拶(?)が入ります。


全ステしたって挨拶で毎公演泣くんだろうな。(私が)



曲が終わると「ありがとう!ばいばーーい!」と言って捌けます。

前の方にも後ろの方にも見学席にもお手振りして忙しそう。






仲田くんが捌けた後すぐにヒロキコール!

ヒーローキー!ヒーローキー!ヒーローキー!






さぁ、アンコールです!


グッズのかりゆしとパーカーを着た仲田くんが出てきます。


High Five(中山優馬)


客席とエアハイファイブする仲田くん。


みんなで一緒にハイファイジャンプ!(危険)





花唄(TOKIO)


ゲスト再び登場。
2人で肩組んで歌います。平和。




ゲストは先に捌けます。

仲田「本当にありがとうございましたーー!仲田拡輝でした!ばいばーい!」

で仲田くんも捌けます。





先ほどより大きなヒロキコール!

ヒーローキー!ヒーローキー!ヒーローキー!






Wアンコール!
感謝カンゲキ雨嵐

ラップもやります。
ここで嵐を通ってきたオタクかどうかがわかります。



♪smile again ありがとう~

\ヒロキー!/

♪smile again 泣きながら~

\ヒロキー!/


っていうのもやりたいですね。





仲田「今日は本当にほんっっっっとうにありがとーーう!!」

と言って捌けていくけど、
最後までお手振りしてにこにこ笑顔でしょうね。






はーーーーーーっ!!!

仲田くん最高ですね!!!!!(大の字)




仲田くんのダンスも歌も堪能できるんだもんな〜。
どんなパラダイスだよ!!って思いますね。







________________________________________





ソロコン妄想楽しいから是非やってみてください。


いつか本当に仲田くんがソロコンやる日が来ることを願って、

たたみます。



おしまい

Hiroki Nakada 2017 Live Tour(仮)~ツアー決定発表編~

2016年1月15日に放送された翼さんのラジオにゲスト出演したTravis Japan兄組。

そのなかでこんなやりとりがありました。


翼「え、今年23?」
仲田「今年22になります」
翼「そうかそうか…。僕が初めてソロでライブツアーやらせてもらったのが23の時だからね」
仲田「来年の目標決まりました、僕の」
のえる「来年ソロツアーだね仲ちんは」
仲田「お願いしますっ」
翼「いいねぇ。Hiroki Nakada 2017 Live Tour」


是非ともやってください!!!


と心の中で叫んだのは言うまでもない。


2016年も残り2か月を切りました。
先日某グループの年明けからのツアーが発表されたけど、
仲田拡輝ソロツアーの発表は待っても来ないだろうから、
勝手に『Hiroki Nakada 2017 Live Tour』やっちゃうよ!!!


とりあえず、全仲田担並びに仲田沼の皆様へ案内を送らねば。
(※以下、お花畑脳な仲田担による妄想です。)



===============================
●新ジュニア情報局(仮)メール伝言板○11月9日号

:..。○☆○。..:*:..。○☆○。..:*:..。○☆○。..:*

 Hiroki Nakada 2017 Live Tour

:..。○☆○。..:*:..。○☆○。..:*:..。○☆○。..:*

仲田拡輝のソロライブツアーが決定いたしました!!
みなさまのお申込みを、お待ちしています♪

__________

 公演スケジュール
__________

◇沖縄/名護市民会館
 3月4日(土)17:00
 3月5日(日)17:00

◇福岡/マリンメッセ福岡
 3月18日(土)17:00
 3月19日(日)17:00

◇名古屋/ガイシホール
 4月15日(土)17:00
 4月16日(日)17:00

◇埼玉/戸田市文化会館
 4月22日(土)17:00
 4月23日(日)17:00

◇大阪/大阪城ホール
 5月13日(土)17:00
 5月14日(日)17:00

◇北海道/北海道きたえーる
 5月21日(日)16:00

◇東京/シアタークリエ
 6月2日(金)18:00
 6月3日(土)12:00/17:00
 6月4日(日)17:00

◇沖縄(凱旋公演)/名護市民会館
 6月17日(土)17:00
 6月18日(日)17:00


____________________________

 新ジュニア情報局(仮)会員チケット料金(全席指定/税込)
____________________________

 1枚7,000円
*申し込み手数料:900円
*1公演チケット4枚まで。複数公演申し込み可。

______

 申込締切
______
 12月16日(金)消印有効


(以下省略)
===============================

(日時は適当です。やるなら土日がいいな~以外に意味はないです。
会場も同じく適当です。知ってるところを入れただけ。キャパとか知らん。)


生まれた地沖縄に始まり、沖縄に終わる。
育った地埼玉もしっかり入れてくることでしょう。


全17公演!
いや~全ステしたいですねこれは。遠征費やばそう。


あー、申込多数で追加公演まで決定しちゃうかもなー!!
激戦だわ。困った困った。


とりあえず郵便局に行って振り込め用紙もらってこないと!
あと、連番してくれる仲田担探さないと!!


仲田担界隈は大いに盛り上がるのだろうか。
それとも、一人で大丈夫かなって心配するのだろうか。

どっちにしたって郵便局にダッシュですね。

他担さんにも告知しまくるねきっと。

というか告知しなくても「ゲスト出演しないかな?!」
と言って申し込むでしょうトラジャ担は。


みんな仲田沼に沈め~~~~~。


ツアー決定発表編、そんなに広がらなかったけど
おしまい。(つづく?)

えび座を観て

ABC座2016 株式会社応援屋!!Oh&Yeah!!
千秋楽おめでとうございました!

私は2公演観劇しました。
観劇前に、観劇中に、そして観劇後に
思ったことをつらつらと。

全体的な感想というよりは、
私の自担を応援する姿勢を考え直した結果
を報告するという感じです。




今回のABC座(以下、えび座)の公演が発表された時、
今まで観たくても色々と事情が重なって
観ることができなかったえび座を
今年はついに観ることができるんだ!!
と喜んだことを覚えています。


しかも今回は自担(仲田拡輝くん)も出るじゃない!!


(トラジャが8人だって周りがざわついてた話は
機会があったらします。多分。きっと。誰かが。)


アンダースタディ(以下、アンスタ)が終わってから
9月下旬くらいまでは、えび座に対する
モチベーションがわりと、
いや、かなり高かったんです。


アンスタ、さらには、去年のドリアン・グレイの肖像
と、2年続けて外部の舞台に出て、
得たものがたくさんあるであろう仲田くんが
久しぶりにジャニーズの舞台に出る!


外部の経験を、自分自身にも、そして、他のJr.にも
活かしてほしいなって思っていました。



うまく言えないけど、要は楽しみだったんです。
10月に入るまでは。




でも、10月に入ってからモチベーションが
急に下がりました。本当に急に。



アンスタロスの加速とか、
学業とか、進路に関することとか、
まあ色々な要素があったんだけど。









そんなこんなで、10月5日にえび座の幕が開きました。


Twitterで回ってきた配役を見て、
初日に入った人のレポを見て、
何とも言えない気持ちになりました。


デジタルボーイズ(以下、デシボ)
っていうのがあるのね?はいはい。
仲田くんはバーの店員?はいはい。





トラジャ-拡輝 って何?
トラジャ(拡輝以外)って何?

そもそもデジボって何?(?)

仲田くんはセリフ多いけど踊り少ない
ってどういうこと?

公演中に眠くなるってどういうこと?!


とにかくマイナスな表現に見えるものしか
出てこないんです。
そんなの見て、下がったモチベーションが
上がるわけなんかない。


レポを書いた人が悪いわけではないし、
配役を決めた人が悪いわけでもない。
誰も悪くない。



けれど、えび座に対するモチベーションは
下がっていく一方。
バーテン佐久間(仲田くん)がかっこいい!とか
ヒロキのセリフ聞き取りやすい!とか
言われたって上がらない。


もうレポ追うのやーーめた!





それから10日後に最初の観劇でした。


アンスタぶりに見た仲田くんは
相変わらず仲田くんでした。(そりゃそうか)







オープニング。

野球着でバットを持って登場。背番号6番。
かっとばせー!応援屋ー!
ゴーゴーレッツゴー!応援屋ー!



仲田くん、美勇人くんのお尻見過ぎだから!



アンスタは終始"コータくん(仲田くんの役)"だったから
久しぶりに"仲田くん"を見ることができて嬉しかった。
かわいいね。ひろみゅかわいいね、って。




一幕。

主演だから当たり前だけど
A.B.C-Zだけのシーンが多かった。
Jr.担のみんなが言ってた、眠くなるところ は
ここなんだなってわかった。
あと、仲田くんのセリフが聞き取りやすいと
言われる理由も。





待ちに待ったバーのシーン。

オープニングの野球着とは打って変わって、
シャツに腰巻きエプロン姿。


「最近バイトで入りました!佐久間です!
よろしくお願いします!」


すっ…と入ってくる。
贔屓目(贔屓耳?)もあるかもしれないけど、
それでも仲田くんのセリフは聞き取りやすかった。


みんな!仲田くんのセリフ聞き取りやすいでしょ?!
って言って回りたいくらいに。(迷惑)


バーの店員にしてはおしゃべりだなぁとか
バーの店員にしてはちょろちょろとよく動くなぁとか
そういうのは置いといて、
芸の細さは見てて飽きないですね本当に。





でも、前髪が邪魔そうなのは気になった。切ろうか。






デジボが出てきて将棋BANGを踊るシーン。

ここが、初日のレポで見た、
トラジャ-拡輝 とか トラジャ(拡輝以外) って
言われてた部分なんだなって思って
急に悲しくなった。


江田くん演じる加藤と逃げ惑う姿は
それはそれでよかったのだけれど。(よかった、とは)


デジボはその後も踊るシーンがあって、
その度に、レポの トラジャ-拡輝 を思い出してた。
思い出しては悲しくなってしまった。



デジタルコープスでのシーンも、
仲田くん以外がいる、仲田くんだけがいない
って思うと悲しくなって、
悪い役も見たかったなって思ってしまって、
宮近とかしめちゃんとか見てた気がするけど、
どうだったかなんて忘れてしまった。


美勇人くんはえび座の少し前まで
DREAM BOYSに出ていたのに
ちゃんと仕上げてきてるのすごいな、とか、
しーくんはちょっとアホな役なのかな
って思ったことくらいしか覚えていない。



河合くん演じる修也が下手で何やら説明するシーン。

あら、こんなところにも出番が、と驚き。
アシスタントひろちか、照明の関係で
目の辺り影になってる。さすが濃い顔。




二幕。

再びアシスタントひろちか。

よく出てくるな〜って思った。
仲田くんがメガネを持つ手がいい!
うまく言えないけど、いい!顔は、濃い!


応援するシーン。

噂に聞いた、
山本おばあちゃんと七五三掛おばあちゃん。
の先にいる信号機係佐久間くん、もとい仲田くん。
のおばあちゃん達を見る目が優しいこと優しいこと。
孫になっておくれ。




バーのシーン。

デジタルコープスの話になって
「かっこいいですよね〜」って言う佐久間。
ここでもよぎる トラジャ-拡輝。

あいつらは全員無能だ とか バカだ
って言う、はっしー演じるイシケン。

バカ?バカ?って指差し合うんじゃないよカトサク。
(かわいいかよ!)



デジタルコープスのシーン。

♪人の不幸をクリッククリック〜 って
脳内に植え付ける戦略(©︎ジャニーズWEST)の歌でしょ。



殺陣(五関さん演じる桂馬vs人工知能ロボットキャタナ)

メモには「かっこよすぎて はく」「前髪 鬼太郎
って書いてある。どういうこと。

色気があったのは覚えてる。最高。



みんな応援屋に採用!のシーン。

カトサクで何かやってた。
カトサクと言うより、えだひろ。おかえり"仲田くん"。




Show Time

ここからはもう、仲田拡輝(とその近隣)しか見てない。
(その前からそうじゃんとは言わないで。)

Shower Gateでは登場のポーズが独特で
いきなり笑わせてもらった。

歌詞じゃなくて、音に合わせて口を動かす仲田くん。
パンパン とか タンタン って。

ジャケットを掴んで、右に開く!左に開く!

階段のセットから降りて踊る時に、
如恵留とアイコンタクトする仲田くん。

と、書き出すとキリがないくらい
見てるのが楽しくて、飽きなくて。

細かい動きとか表情も好きだけど、
もちろんダンスも好き。
Moonlight Walkerのダンスは
永遠に見ていたいくらい。



本編で内容に関係なく悲しくなった分、
Show Timeでいつもの仲田くんを観ることができて、
それだけでも観に来てよかったなって思えた。


Show Timeがあるから内部の舞台楽しい、
みたいなところあるしね。
Show Timeに定価の半分以上払っている
と思ってるから。








という感じで、最初の観劇はShow Time以外
すっごく楽しかった!とは正直言えませんでした。


セリフが聞き取れない人多くて内容が
頭に全然入ってこなかったのもあるけれども、
そもそも舞台を楽しもうとしていなかったのでは
ないでしょうかね。
初日のレポにあまりにも引きずられていたような
気がします。




でも、2回目の観劇の前に、
考え方(見方)を変えてみようと思いました。
そうしようと思ったきっかけは覚えていないですが。



仲田くんだけがデジボにいない。
⇒デジボのシーンでは仲田くん以外の
トラジャメンバーを見るいい機会。
バーのシーンでは、他担さんに
仲田くんを見てもらえる。

セリフは多いけど、踊りが少ない。
⇒外部舞台での成果を
みんなに見てもらうことができる。
外部舞台の経験をかわれての配役なんだきっと。


そもそも、同じグループのメンバーが
役でも同じグループでなければいけないルールなんて
ないわけですよ。

みんなが言っていることが、
そういうことではないのはわかっているし、
1人だけが違う役で、しかも
ダンスを売りにしてるグループの人なのに
他のメンバーよりダンスが少ないのが残念
とかそういうことなんだろうけど。


でも、与えられた役に、残念もクソもあるかって
思ったんです。


どんな役でも、それがその人に合っている
と思われて与えられた役なのだから、
本人はきっと誇りを持って演じているはず。
だから他人が端からマイナスに捉えることを
してはいけません!

と、言い聞かせました!!自分に!!



実際、考え方(見方)を変えた2回目の観劇は
本当に楽しかったです。
仲田くんのお芝居を楽しむことができました!


他担さんにも、
ヒロキかっこいいね!
ヒロキの演技いいね!
ヒロキのセリフ聞き取りやすいね!
セリフ回しがとてもいいね!
さすが外部舞台の経験者だね!
ってすごく褒められてるんですよ!(一部誇張)

仲田くんのお芝居褒められて
嬉しくない仲田担なんていないじゃないですか!
いるわけないじゃないですか!


どうだ!すごいだろ我らの仲田拡輝!(えっへん)
っていう気持ちですよ!自慢の自担!(拍手!)



長々書いてしまったけれど、要は、

見ている側が、応援している側が、その立場を、
マイナスに、悲観的に捉えてしまうことは、
本人の頑張りを否定してしまうことなんだ。
そんなことは、ダメ、絶対。

と考えました!ということです。

デジボの仲田くんが見たかったと言えば
それはそうなんだけど。でも、
仲田くんがデジボだったら、なんて
たらればの話はやめようと思いました。

与えられた役割を全うする姿を
純粋に応援していこうと思います!




兎にも角にも、
仲田くん、ABC座お疲れ様でした!

これからさらに寒くなります。
仲田くんの苦手な冬がやってきます。
身体に気を付けて頑張ってください!
お腹は特にね!

あと、毛根や髪の毛にも気を付けて。
くれぐれも大切にしてください。
個人的には、髪色は暗い方が好きです。
前髪は邪魔そうなので
あげるか切るかするのがいいかと。
でもかっこいいから何でもいいです。
坊主と長髪以外なら。なんでも!

また仲田くんのお芝居を、ダンスを、笑顔を
見るのを楽しみにしています。大好きです!


おしまい。