いつも心に太陽を

仲田拡輝くんを応援しています。

えび座を観て

ABC座2016 株式会社応援屋!!Oh&Yeah!!
千秋楽おめでとうございました!

私は2公演観劇しました。
観劇前に、観劇中に、そして観劇後に
思ったことをつらつらと。

全体的な感想というよりは、
私の自担を応援する姿勢を考え直した結果
を報告するという感じです。




今回のABC座(以下、えび座)の公演が発表された時、
今まで観たくても色々と事情が重なって
観ることができなかったえび座を
今年はついに観ることができるんだ!!
と喜んだことを覚えています。


しかも今回は自担(仲田拡輝くん)も出るじゃない!!


(トラジャが8人だって周りがざわついてた話は
機会があったらします。多分。きっと。誰かが。)


アンダースタディ(以下、アンスタ)が終わってから
9月下旬くらいまでは、えび座に対する
モチベーションがわりと、
いや、かなり高かったんです。


アンスタ、さらには、去年のドリアン・グレイの肖像
と、2年続けて外部の舞台に出て、
得たものがたくさんあるであろう仲田くんが
久しぶりにジャニーズの舞台に出る!


外部の経験を、自分自身にも、そして、他のJr.にも
活かしてほしいなって思っていました。



うまく言えないけど、要は楽しみだったんです。
10月に入るまでは。




でも、10月に入ってからモチベーションが
急に下がりました。本当に急に。



アンスタロスの加速とか、
学業とか、進路に関することとか、
まあ色々な要素があったんだけど。









そんなこんなで、10月5日にえび座の幕が開きました。


Twitterで回ってきた配役を見て、
初日に入った人のレポを見て、
何とも言えない気持ちになりました。


デジタルボーイズ(以下、デシボ)
っていうのがあるのね?はいはい。
仲田くんはバーの店員?はいはい。





トラジャ-拡輝 って何?
トラジャ(拡輝以外)って何?

そもそもデジボって何?(?)

仲田くんはセリフ多いけど踊り少ない
ってどういうこと?

公演中に眠くなるってどういうこと?!


とにかくマイナスな表現に見えるものしか
出てこないんです。
そんなの見て、下がったモチベーションが
上がるわけなんかない。


レポを書いた人が悪いわけではないし、
配役を決めた人が悪いわけでもない。
誰も悪くない。



けれど、えび座に対するモチベーションは
下がっていく一方。
バーテン佐久間(仲田くん)がかっこいい!とか
ヒロキのセリフ聞き取りやすい!とか
言われたって上がらない。


もうレポ追うのやーーめた!





それから10日後に最初の観劇でした。


アンスタぶりに見た仲田くんは
相変わらず仲田くんでした。(そりゃそうか)







オープニング。

野球着でバットを持って登場。背番号6番。
かっとばせー!応援屋ー!
ゴーゴーレッツゴー!応援屋ー!



仲田くん、美勇人くんのお尻見過ぎだから!



アンスタは終始"コータくん(仲田くんの役)"だったから
久しぶりに"仲田くん"を見ることができて嬉しかった。
かわいいね。ひろみゅかわいいね、って。




一幕。

主演だから当たり前だけど
A.B.C-Zだけのシーンが多かった。
Jr.担のみんなが言ってた、眠くなるところ は
ここなんだなってわかった。
あと、仲田くんのセリフが聞き取りやすいと
言われる理由も。





待ちに待ったバーのシーン。

オープニングの野球着とは打って変わって、
シャツに腰巻きエプロン姿。


「最近バイトで入りました!佐久間です!
よろしくお願いします!」


すっ…と入ってくる。
贔屓目(贔屓耳?)もあるかもしれないけど、
それでも仲田くんのセリフは聞き取りやすかった。


みんな!仲田くんのセリフ聞き取りやすいでしょ?!
って言って回りたいくらいに。(迷惑)


バーの店員にしてはおしゃべりだなぁとか
バーの店員にしてはちょろちょろとよく動くなぁとか
そういうのは置いといて、
芸の細さは見てて飽きないですね本当に。





でも、前髪が邪魔そうなのは気になった。切ろうか。






デジボが出てきて将棋BANGを踊るシーン。

ここが、初日のレポで見た、
トラジャ-拡輝 とか トラジャ(拡輝以外) って
言われてた部分なんだなって思って
急に悲しくなった。


江田くん演じる加藤と逃げ惑う姿は
それはそれでよかったのだけれど。(よかった、とは)


デジボはその後も踊るシーンがあって、
その度に、レポの トラジャ-拡輝 を思い出してた。
思い出しては悲しくなってしまった。



デジタルコープスでのシーンも、
仲田くん以外がいる、仲田くんだけがいない
って思うと悲しくなって、
悪い役も見たかったなって思ってしまって、
宮近とかしめちゃんとか見てた気がするけど、
どうだったかなんて忘れてしまった。


美勇人くんはえび座の少し前まで
DREAM BOYSに出ていたのに
ちゃんと仕上げてきてるのすごいな、とか、
しーくんはちょっとアホな役なのかな
って思ったことくらいしか覚えていない。



河合くん演じる修也が下手で何やら説明するシーン。

あら、こんなところにも出番が、と驚き。
アシスタントひろちか、照明の関係で
目の辺り影になってる。さすが濃い顔。




二幕。

再びアシスタントひろちか。

よく出てくるな〜って思った。
仲田くんがメガネを持つ手がいい!
うまく言えないけど、いい!顔は、濃い!


応援するシーン。

噂に聞いた、
山本おばあちゃんと七五三掛おばあちゃん。
の先にいる信号機係佐久間くん、もとい仲田くん。
のおばあちゃん達を見る目が優しいこと優しいこと。
孫になっておくれ。




バーのシーン。

デジタルコープスの話になって
「かっこいいですよね〜」って言う佐久間。
ここでもよぎる トラジャ-拡輝。

あいつらは全員無能だ とか バカだ
って言う、はっしー演じるイシケン。

バカ?バカ?って指差し合うんじゃないよカトサク。
(かわいいかよ!)



デジタルコープスのシーン。

♪人の不幸をクリッククリック〜 って
脳内に植え付ける戦略(©︎ジャニーズWEST)の歌でしょ。



殺陣(五関さん演じる桂馬vs人工知能ロボットキャタナ)

メモには「かっこよすぎて はく」「前髪 鬼太郎
って書いてある。どういうこと。

色気があったのは覚えてる。最高。



みんな応援屋に採用!のシーン。

カトサクで何かやってた。
カトサクと言うより、えだひろ。おかえり"仲田くん"。




Show Time

ここからはもう、仲田拡輝(とその近隣)しか見てない。
(その前からそうじゃんとは言わないで。)

Shower Gateでは登場のポーズが独特で
いきなり笑わせてもらった。

歌詞じゃなくて、音に合わせて口を動かす仲田くん。
パンパン とか タンタン って。

ジャケットを掴んで、右に開く!左に開く!

階段のセットから降りて踊る時に、
如恵留とアイコンタクトする仲田くん。

と、書き出すとキリがないくらい
見てるのが楽しくて、飽きなくて。

細かい動きとか表情も好きだけど、
もちろんダンスも好き。
Moonlight Walkerのダンスは
永遠に見ていたいくらい。



本編で内容に関係なく悲しくなった分、
Show Timeでいつもの仲田くんを観ることができて、
それだけでも観に来てよかったなって思えた。


Show Timeがあるから内部の舞台楽しい、
みたいなところあるしね。
Show Timeに定価の半分以上払っている
と思ってるから。








という感じで、最初の観劇はShow Time以外
すっごく楽しかった!とは正直言えませんでした。


セリフが聞き取れない人多くて内容が
頭に全然入ってこなかったのもあるけれども、
そもそも舞台を楽しもうとしていなかったのでは
ないでしょうかね。
初日のレポにあまりにも引きずられていたような
気がします。




でも、2回目の観劇の前に、
考え方(見方)を変えてみようと思いました。
そうしようと思ったきっかけは覚えていないですが。



仲田くんだけがデジボにいない。
⇒デジボのシーンでは仲田くん以外の
トラジャメンバーを見るいい機会。
バーのシーンでは、他担さんに
仲田くんを見てもらえる。

セリフは多いけど、踊りが少ない。
⇒外部舞台での成果を
みんなに見てもらうことができる。
外部舞台の経験をかわれての配役なんだきっと。


そもそも、同じグループのメンバーが
役でも同じグループでなければいけないルールなんて
ないわけですよ。

みんなが言っていることが、
そういうことではないのはわかっているし、
1人だけが違う役で、しかも
ダンスを売りにしてるグループの人なのに
他のメンバーよりダンスが少ないのが残念
とかそういうことなんだろうけど。


でも、与えられた役に、残念もクソもあるかって
思ったんです。


どんな役でも、それがその人に合っている
と思われて与えられた役なのだから、
本人はきっと誇りを持って演じているはず。
だから他人が端からマイナスに捉えることを
してはいけません!

と、言い聞かせました!!自分に!!



実際、考え方(見方)を変えた2回目の観劇は
本当に楽しかったです。
仲田くんのお芝居を楽しむことができました!


他担さんにも、
ヒロキかっこいいね!
ヒロキの演技いいね!
ヒロキのセリフ聞き取りやすいね!
セリフ回しがとてもいいね!
さすが外部舞台の経験者だね!
ってすごく褒められてるんですよ!(一部誇張)

仲田くんのお芝居褒められて
嬉しくない仲田担なんていないじゃないですか!
いるわけないじゃないですか!


どうだ!すごいだろ我らの仲田拡輝!(えっへん)
っていう気持ちですよ!自慢の自担!(拍手!)



長々書いてしまったけれど、要は、

見ている側が、応援している側が、その立場を、
マイナスに、悲観的に捉えてしまうことは、
本人の頑張りを否定してしまうことなんだ。
そんなことは、ダメ、絶対。

と考えました!ということです。

デジボの仲田くんが見たかったと言えば
それはそうなんだけど。でも、
仲田くんがデジボだったら、なんて
たらればの話はやめようと思いました。

与えられた役割を全うする姿を
純粋に応援していこうと思います!




兎にも角にも、
仲田くん、ABC座お疲れ様でした!

これからさらに寒くなります。
仲田くんの苦手な冬がやってきます。
身体に気を付けて頑張ってください!
お腹は特にね!

あと、毛根や髪の毛にも気を付けて。
くれぐれも大切にしてください。
個人的には、髪色は暗い方が好きです。
前髪は邪魔そうなので
あげるか切るかするのがいいかと。
でもかっこいいから何でもいいです。
坊主と長髪以外なら。なんでも!

また仲田くんのお芝居を、ダンスを、笑顔を
見るのを楽しみにしています。大好きです!


おしまい。